top of page
検索
  • 執筆者の写真yang yin

🌞自律神経のバランス🌝 ON ⇄OFF 


私たちのカラダには自律神経が張り巡らされています。

自律神経は、循環・消化・代謝・体温調節といった生命を維持するために不可欠な機能をコントロールしてくれています。


自律神経は、私たちの意思とは無関係に働き、体内を常にベストな状態に維持しようとする舵取りのような働きをしてくれています。


自律神経とは交感神経と副交感神経の二つの働きからできていて

それぞれ正反対の作用があり、体の状況に合わせて自動的に調整され

バランスを取りあっています。


交感神経=戦っているモード ON

副交感神経=リラックスモード OFF



しかし、ストレスや生活習慣の乱れ、運動不足などから自律神経のバランスが崩れ、

うまくON⇄OFFの切り替えができなくなり、

それによって身体に様々な不調として現れるのが自律神経失調症といいます。





●自律神経失調症の症状●


・呼吸が浅い、息苦しい、動悸

・吐き気、下痢、便秘、腹痛、胃の不快感、お腹の張り、ガスがたまる

・頭痛、頭が重い、脱毛

・目の疲れ、目の乾き、眩しい

・口の渇き、味覚障害

・手足の痛み、しびれ、冷え、震え

・多汗、皮膚の痒み

・肩こり、筋肉痛、関節痛

・立ちくらみ、高血圧、体の冷え

・頻尿、排尿困難、残尿感

・勃起障害、射精障害、生理不順

・微熱、倦怠感、疲労感、食欲不振、ほてり、めまい

・気分の落ちこみ、不安、不眠、イライラ、気力低下、集中力低下、情緒不安定



慢性的にこのような症状がある場合は自律神経の乱れが原因の可能性が高いと言えます。



ではマッサージで何ができるのか??


メインの自律神経は背骨に沿っており、全身に張り巡らされています。

マッサージによって、血、水、氣の通るエネルギーラインを開通させ滞った流れを良くすることで本来の健康な自律神経の働きに戻すことができます。

本来のカラダの機能が戻れば、自ずと自己治癒力をもって不調も改善されていくんですね。


未病と言われる、病気ではない不調を抱える人はとても多く

その不調に気づいていなかったり、自覚症状がないという方も多いです。


無理をし続けてある日突然限界がきてしまう、または病気として現れたりする前に

自分のカラダとココロに向き合う時間、作ってみてくださいね✨







閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page